自己脱毛前には、肌を綺麗にする

自己脱毛前には、肌を清潔にする事がとても大切になります。カミソリやシェーバー、毛抜き、脱毛クリームなどを使って脱毛しますが、どれも肌にダメージを与えてしまいます。肌が清潔ではないと、そこからバイ菌が入ったり化膿したりと、トラブルを多く抱えてしまいます。肌は、想像以上に清潔ではありません。ですので、ちょっとした傷などからバイ菌が入ってしまう可能性が物凄く高いです。自己脱毛前にお風呂に入ったり、除菌シートで拭くなど、肌を清潔にしてから脱毛するようにしましょう。最近は脱毛サロンの低価格化で脱毛 金額が脇だけなら1000円以下というところもあり、施術する人が多くなりました。自己脱毛じゃない方法も考えてみましょう。

カミソリで剃る場合に注意したい事

カミソリで自己処理する場合、石鹸で泡立ててからカミソリで処理する方がいらっしゃいますが、これは間違いです。石鹸が付いた肌は、とても弱っています。そんな肌にカミソリを当てると、肌に間違いなくダメージを与えてしまいます。カミソリで脱毛をする際に塗るのは、クリームを塗ると良いでしょう。脱毛する部分に、薄くクリームを塗りカミソリで除毛しましょう。この時、塗りクリームの量は薄めに塗るのがコツです。厚めに塗ると、ムダ毛の位置が解らなくなるのと、クリームにムダ毛が泳がされて、カミソリでキャッチ出来ない事があります。

自己処理後は、必ず冷やす!

脱毛サロンで鎮静用に冷たいジェルを塗る意味と同じく、自己処理後にも肌を冷やす必要があります。脱毛後は、毛穴に圧をかける分、毛穴中心に肌が火照っています。その火照りを、冷やす事で鎮静させます。冷水で冷やしたり、冷やしたタオルと当てたり、肌を鎮静させてあげましょう。綺麗に鎮静させる事が出来ると、脱毛後の肌トラブルが起きにくくなります。痛みなどもそうですが、肌色のクスミも防止できます。それでも脱毛部分が気になるようでしたら、軟膏等を塗ってあげると、より良いでしょう。脱毛後は、脱毛した部分の肌状態に気を配ってあげる事が大切です。最近サロンが流行っていますが、脱毛 どこがいいのか難しいところです。人気、口コミで見るとミュゼプラチナムのようです。通いやすさ、スタッフの徹底さ、料金の安さなどが人気の秘密です。

自己脱毛で、肌が黒ずんでしまった場合は

1度皮膚が黒ずんでしまうと、なかなかケアする方法としては難しくなってしまいます。皮膚は、無駄に触れると色合いが変わってしまいます。速攻性はありませんが、しっかり洗って、洗った後は保湿ケアをしてあげる事が大事になります。ビタミンが入っている美白化粧品でケアをすると、徐々にクスミが消えていく事があります。しかし、肌のクスミの仕組みとは意味あいが違うので、万全とは言い切れません。ワキの黒ずみ用のスキンケアも市販されております。こちらを利用するのも良いですが、一般的なスキンケアを取り入れても、そん色はあまりありません。顔も脱毛部分も皮膚には変わりないので、同じ物を使っても似たような効果が発揮できると言えます。ワキは、特にデリケートな部分なので、丁寧にスキンケアをやってみると、クスミが軽減される場合があります。それでも、肌の黒すみが改善されない場合はあります。どうしても気になる場合は、美容外科等でご相談してみましょう。ジェイエステ クチコミなどで確認してもいいでしょう。